ガスが出ないとき

※事前に埋設協議をお願いします

佐賀ガスでは日頃よりガス導管の破損事故について、防止対策の強化を図っております。
工事の施工前にガス管破損防止の為に事前に埋設協議をお願いします!

事前の埋設協議が無いまま工事を施工されガス管を破損されますと、お客様や工場等へのガスの供給不良をおこすと共に、工事の工程にも支障をきたす事となりますので、 施工される皆様や付近のお客様の保安確保のため、事前の埋設協議を宜しくお願い申し上げます。

ガスが出ないときは次のことをご確認ください

  • ガス機器のガス栓は開いていますか?
  • ガスメーター近くにあるメーターガス栓は開いていますか?
  • ガスメーターの赤いランプが点滅していませんか?

お客様宅のガスメーター(マイコンメーター)には、マイコン制御装置が組み込まれており、24時間ガスの使用状況を監視して、ガス漏れ、器具の消し忘れ、地震(震度5相当以上)等を感知すると、自動的にガスを遮断します。(一部大型ガスメーターを除く)

ガスメーターの赤いランプが点滅しているときは、ガスメーターがガスを遮断しています。
この場合、お客様自身で簡単な操作(下記の復帰操作)をすることで、ガスが使えるようになります。

  • 点滅している
  • 点滅していないすぐに佐賀ガスへご連絡ください。お問い合わせ

ガスが使用できない場合の復帰手順

マイコンメーターの赤いランプが点滅している場合
ガス臭い時は、以下の操作は行わず、窓を開け、自然換気をし、メーターガス栓および全てのガス栓、器具栓を閉め、佐賀ガスへご連絡ください。
(電気器具などのスイッチには絶対に手を触れないでください。)
  • 器具栓を閉めるか、運転スイッチを切り、すべてのガス機器を止める。屋外のガス機器も忘れずに。
    使っていないガス栓は閉まっている事を確認。
  • 復帰ボタンのキャップを左に回して外す。(メーターガス栓は閉めない。
  • 復帰ボタンを奥までしっかり押して手をはなす。
    (一瞬ランプが点灯します。ボタンは元に戻り、赤ランプは再び点滅)→(キャップを元に戻す)
  • 約3分待つ。(ガスの使用を3分間お待ちください。この間にガス漏れがないか確認しています。) 3分経過後に、再度ガスメーターをご確認いただき、赤ランプの点滅が消えていれ ば、ガスが使えます。

復帰できないときは...

  • 3分経過後も、ガスが止まったままで赤ランプが点滅している場合は、もう一度ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがないか確認してください。
  • ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがあった場合は、もう一度復帰手順に従い操作してください。
  • ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがなかった場合は、ガス漏れが考えられますので、佐賀ガスへご連絡ください。

その他、マイコンメーターの安全機器などの詳細については、手引きをご覧ください。

マイコンメーターご使用の手引き(PDFファイル)

マイコンメーターはこんな時ガスを遮断します

  • 震度5以上の大きな地震
  • 多量のガス漏れ
  • 機器の消し忘れ等の長時間使用
    (ご注意:お湯の沸かし過ぎや、鍋が焦げるのを防止するものではありません)
  • ガスの圧力低下
    ※微量のガス漏れの場合、遮断はしませんが、赤いランプが点滅します。

※全てのガス漏れを遮断したり、ガス事故を完全に防止することはできません。
※「天ぷら火災」や「排ガス中毒事故」を防止するものではありません。
※マイコンメーターより上流側(ガス供給側)でのガス漏れには対応できません。

ガスメーターの取り換えについてはこちらをご覧ください。