平成29年4月より都市ガス小売全面自由化となります

都市ガス小売全面自由化について(お知らせ)
平成29年4月ガス事業法が改正され、都市ガス小売の全面自由化が実施されることとなり、都市ガスをお使いの全てのお客さまが都市ガスの購入先を自由に選択できる制度となります。これまで当社は、九州経済産業局の認可を得て(もしくは届け出て)、ガス料金を設定していましたが、今後はこれらの行政手続きが不要となります。
また、ガス事業法令の改正に伴う制度の変更により、平成29年4月1日以降、当社の供給約款及び選択約款の一部を変更させていただきます。なお、料金表の変更やお客さまご自身の手続きはございません。
都市ガス小売全面自由化について(お知らせ)(PDF)
託送供給約款について
当社は、改正ガス事業法附則第18条第1項本文の規定に従い、同法第48条第1項本文に規定された託送供給約款の認可申請を九州経済産業局に行い、平成28年12月27日に認可を受けました。
託送供給約款(平成29年4月1日以降適用)(PDF)
最終保障供給約款について
当社は、電気事業法等の一部を改正する等の法律附則第19条第1項の規定に従い、平成28年12月28日に最終保障供給約款を九州経済産業局へ届出いたしました。
最終保障供給約款とは、平成29年4月の都市ガス小売全面自由化後、一般ガス導管事業者(当社)により行われる最終保障供給に関する供給条件を定めるものになります。
最終保障供給約款(平成29年4月1日以降適用)(PDF)